2010年03月07日

妻殺害の男に懲役10年=裁判員「遺体写真ショックだった」-高知(時事通信)

 高知市の自宅で妻を殺害したとして、殺人罪に問われた無職今原荘典被告(61)の裁判員裁判で、高知地裁(伊藤寿裁判長)は3日、懲役10年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。弁護側は、同被告が自首し、反省しているなどとして懲役7年が相当としていた。
 判決は、犯行が計画的な上、妻の首を徹底して刺し続け、強い殺意があったと指摘。動機についても「身勝手との非難を免れない」と批判した。
 判決後、裁判員経験者3人が記者会見。このうち、高知市の30代の女性は、被害者の遺体写真がモニターに映し出されたことについて、「ショックだったが、事実を知る上では必要かなとは思った」と話した。
 判決によると、今原被告は昨年6月28日、金銭管理などをめぐり腹を立て、高知市桜井町の自宅マンションの居間で、妻=当時(42)=の首をナイフで繰り返し突き刺し殺害した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
2人強殺で無期懲役=同情余地大きいと死刑回避
裁判員裁判で猶予判決の男に実刑=保護観察中に窃盗
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決
裁判員「DVD参考になった」=強殺事件で無期懲役判決

<プルサーマル計画>伊方原発3号機で送電開始へ(毎日新聞)
<静岡空港>日航福岡便、2月搭乗率17.2ポイント増 支援策「一部は効果」(毎日新聞)
生活保護費返還訴訟 敗訴の大阪・泉南市、減額して再請求 女性「不当」と提訴(産経新聞)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
JR京浜東北線、人身事故で全線運転見合わせ(読売新聞)
posted by n4lvjhzve5 at 02:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

自民、若手の意見聴取でガス抜き 舛添氏「努力が足りないのは執行部の責任だ!」(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁ら執行部は3日、衆院当選1~4回の若手議員を期別に党本部に集め、懇談会を開いた。衆院予算委員会での審議拒否戦術が失敗したことから、党内の批判や不満に耳を傾けることで夏の参院選に向けて党内の結束を図る狙いがあったが、低支持率にあえぐ党の現状を受け、厳しい意見が出た。

 出席者からは「(執行部批判をする舛添要一前厚生労働相と)総裁は正面から論戦を挑むべきだ」(稲田朋美氏)、「(審議拒否は)国民に分かりづらく、もっと理由を説明すべきだ」(近藤三津枝氏)などの発言が相次いだ。

 谷垣氏は「参院選候補者は予備選の導入などで若返りも進み、党はずいぶん変わったと思う」と、執行部の成果を強調するのが精いっぱい。若手の意見に対する回答としては具体性に乏しかった。

 一方、谷川秀善参院幹事長は3日、国会内で舛添氏を呼び、1日の講演での発言を質した。谷川氏によると、舛添氏は「英語での講演だったため、通訳の際に行き違いがあった」との見方を示したという。谷川氏は「舛添氏は新党を作って飛び出すとは考えていない。(同氏の発言に)あんまり神経質にならない方がいい」と述べた。

 ところが、舛添氏は会談後、記者団に「わが党の支持率が上がらないのを問題じゃないと思う人がいたらおかしい。努力が足りないところは執行部の責任だ。直さなければ、参院選で自民党はなくなる。鳩山内閣との戦の仕方に問題があると言うことの何が悪いんだ」と改めて執行部批判を展開した。

【関連記事】
自民・舛添氏「翻訳で行き違い」 谷垣総裁進退言及で釈明
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判
舛添氏“おろし”発言に谷垣氏「団結大事」と反論
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)
農水省職員を長崎知事選に続々“投入” 答弁書で判明(産経新聞)
宇宙物理学者の林忠四郎氏死去=恒星進化の理論で業績(時事通信)
ビックカメラ有楽町店で侍超え500人も「真央銀」にため息(スポーツ報知)
JR東日本 次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)
posted by n4lvjhzve5 at 07:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化(産経新聞)

 働く女性の大半が自分の肌についてこのように感じていることが、化粧品メーカーのダリヤ(名古屋市中区)の調査で分かった。

 1月、首都圏に住む25~34歳の正社員女性100人を調査した。その結果、「仕事のストレスと肌荒れは関係していると思うか」には、42%が「かなり思う」と回答。「思う」37%、「たまに思う」15%と合わせ、9割超の女性が肌荒れを気にしていた。

 具体的な肌トラブル(複数回答)としては、「ニキビ」60%、「部分的にカサカサする」28%、「肌がくすむ」22%などが上位を占めた。

 一方、「働くうちに、自分はおじさん、おばさんどちらの傾向が強くなっているか」には、「おじさん」13%、「どちらかといえばおじさん」29%と、4割超が“おじさん化”を自覚。「おばさん」は2%、「どちらかといえばおばさん」は27%にとどまった。具体的な「おじさん的」行動は、「休日はパジャマで過ごす」「酒を買って帰宅」「ケーキよりおつまみ」などが上がった。

【関連記事】
“エロ面白い”女子にウケる「昭和のエロス」
20代女性と40代男性 年齢差大きい恋愛が脳を刺激
パワーの源、女性同士でがっつり 「焼き肉女子」増加中
おじさん史観ではない女性誌的目線 「乙女の日本史」が話題に
美白アダに? 檀れい舞台降板した病の真相
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<津波>紀勢線で特急20本運休 瀬戸内海のフェリー欠航も(毎日新聞)
首相動静(3月2日)(時事通信)
朝鮮学校の無償化「結論出てない」首相が修正(読売新聞)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
バスケットボールジャパンTV
posted by n4lvjhzve5 at 22:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。