2010年05月14日

野良猫餌付け 将棋の加藤九段に中止などを命じる判決(毎日新聞)

 餌付けで集まった野良猫のふん尿などで被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民17人と管理組合が同じ集合住宅に住む将棋の元名人、加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付けの中止と慰謝料など645万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁立川支部(市川正巳裁判長)は13日、餌付けの差し止めと3万6000~30万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 訴状などによると、加藤氏は93年ごろから、三鷹市内の2階建てテラスハウスの自宅玄関前や庭で野良猫への餌付けを始めた。集まる猫は一時期18匹にも達し、住民側はふん尿による悪臭やゴミの散乱などによる被害を受けたとしていた。住民らが餌付けをやめるよう再三の注意や決議をしたが、加藤氏は応じず、調停も不調に終わったことから、08年11月に住民側が提訴していた。

 裁判で住民側は▽住宅の管理規約が「他の居住者に迷惑を及ぼす恐れのある動物を飼育しない」と定めている▽中止要請に応じないため受忍限度を超える被害が出ている--ことなどから、餌やりの違法性を主張。加藤氏は「屋外での餌付けは飼育でなく、仮にそうだとしても猫は迷惑な動物でない。被害はほとんどが事実無根だ」として請求の棄却を求め、全面的に争っていた。【池田知広】

【関連ニュース】
<関連記事>三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、住民と対立 地裁立川支部13日判決
<関連記事>どうぶつナビ:ハトにエサをやってはだめなの?
<餌付けはしていません>したたか、箕面のサル メロンパン攻防は続く
どうぶつナビ:劣悪な環境でたくさんの動物を飼う人たちがいます。
猫紀行:「猫を捨てないで」 タレントの早川敦子さん、初の写真展--名古屋 /愛知

近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
「首相辞めそうもない」=渡辺喜氏(時事通信)
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
<日比経済連携協定>マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
posted by n4lvjhzve5 at 15:12| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。